株式会社自然工房 縁

〒731-3354
広島県広島市安佐北区安佐町
筒瀬1186
TEL&FAX:082-838-2618
Mobile:090-6848-0984
※代表兼職人ですので、電話対応が出来かねる場合がございます。その際はお手数ですがメールにてお問い合わせ下さい。
メールフォーム>>

 

家創り工房 縁

経営理念

株式会社自然工房 縁とは

人工的に作られた建材を使わない、自然素材を使った無添加住宅です。

住む人と共に成長し、住む人の心と体の健康が守られる、五感に響く豊かな空間。

家創り

簡素化された現代の家創りではなく、今こそ原点に帰った本当に良い家創り。

素材

乾燥方法にまでこだわった無垢(むく)の構造材(土台、柱、梁)。自然から与えられた美しく優しい仕上げ材。

感性

自然の素材に触れると人間の心は動かされます。五感が刺激されます。
特に子供は自然の物に触れて感動する体験をすると、その先の人生を支える豊かな情緒や感性が育ちます。

株式会社自然工房 縁のこだわり

松の丸太カワハギ

漆喰施工

当社のこだわりは合板、クロス等を使わない無垢(むく)と漆喰(しっくい)で建てる家です。

私自身アトピー、ぜんそく、アレルギーと小さい頃からずいぶんと苦しんできましたが、成人する頃にはほとんどの症状はありませんでした。結婚当初大手ハウスメーカーの新築アパートに住み始めると、ふたたびアトピーが出てきました。おそらくシックハウス症候群だと思います。また今現在600万人前後がシックハウス症候群に悩まされていると報告があります。

そして私は大工の見習いになった頃からの夢であった「マイホームを自分で建てる」という夢を無垢と漆喰で建てるという明確な目標にし、2014年9月に完成させました。

また私が新建材(人工的に作られた建材)を使わないもう一つの理由が、住むほどに味わいが出てこないためです。新建材で建てられた家というのは完成したときが100%で経年劣化していくのみですが、無垢で建てられた家は住むほどに味わいが出て来ます。
無垢には不特有の美しさ、優しさ、ぬくもりがあり、住む人の心を豊かにしてくれます。さらには新建材と比べると格段に寿命が長いのも無垢の特徴です。
もし家創りの素材にお悩み事などありましたらぜひ一度お話だけでもお聞かせください。

環境方針

日本の自然と産業

日本は森林に囲まれているにも関わらず、木材の8割を輸入していますので、当然木材を輸入するには大きなエネルギーを消費します。
日本人はアメリカ人の4.5倍、ドイツ人の21倍ものエネルギーを消費して木材を輸入しているというデータがあります。地球温暖化問題を考えた時、エネルギー消費やCO2排出を可能な限り減少させようと考えた場合、輸入材頼りからの一刻も早いシフトが必要です。

広島に限らず今、日本の山は大変荒れています。
戦後住宅の需要が高まる事を予想して、杉や桧を全国至る所に植樹しましたが、杉や桧はあまり使われることがなく、日本の木よりも安価な外国の木が主流になってきました。そしてそれが今日まで続いています。
外国の木は日本の気候に適していないから日本に生えていないのです。わざわざ大きなエネルギーを消費してまで輸入に頼る必要はありません。

株式会社自然工房 縁では広島の気候風土にあった広島県産材を構造体に使用しています。家を新築する時やリフォームをする時に広島県産の柱や梁を使用することで、私達を育ててくれた広島の山に少しでも恩返しが出来ると思うと何だか嬉しくなってきませんか?